ニュースと鬼事

日常

準備とフォロー

昨日の大会の興奮も冷めやらぬ今日でしたが、大田監督も元気に稽古に参加、林さんも都島道場自主稽古に参加しました。
フォローをしっかりやることは、ついつい軽く見られがちですが、次に繋がる大事な行動です。
空手だけでなく、どんなことにでも言えることだと思います。
さて、恒例(?)(笑)になりつつある、今日は『健心特訓道場』の月曜日です。
基本、回転移動、裏の型、5本蹴りまでノンストップ。
いよいよ始まり、始まりです。(笑)
受験勉強で体重が増え過ぎた(笑)健心の苦手な稽古メニューを選択しながら、少しだけハードに追い込みました。
補強&ミットは数多く行い、健心は苦手な様です(笑)。
踏み込み突き50回×2セット、相撲、引き合い、組手1分×5セット。
この後は、健心のみ3人を相手を組手を2分間、これで健心万事休すか。(笑)
オヤジクラスの皆さんは適当にサボって置いてください。
来週もいい汗を流してください、よろしくお願いします。

 

城東道場オヤジ・一般クラス

居残り稽古も実施しました。縄跳び、サーキットトレーニング。
来週もよろしく!おかわりはいつもオーケーです!(笑)

試合結果

死力達成!愛知県大会

選手稽古を引っ張り続ける大田監督が、有言実行の死力達成優勝を果たしました!
大田監督の試合を「初めて見ましたけど感動しました。圧倒的なパワーですね!迫力が全然違う。見れて本当に良かった!!」とは、保護者の方の弁。
それほど気合の入った、充実した内容での優勝となりました。
大田監督の言葉からは稽古をやり込んでいるからか、自信がみなぎられ、ザ・キョクシン時代世代の不動の強さが光ります。
毎年の年齢からくる衰え、度重なる怪我の数々と向かい合いながら稽古する大田監督の姿を道場生はいつも見ているはず。
「人は人からは学ばない。」
と、以前お伝えはしましたが、将来大きな大会で飛躍したいと考える人は、是非何かを感じて行動して欲しいと思います。ではなく、感じましょう。
奇しくも、今大会前のご挨拶の中で「皆さんのすぐ傍にいいお手本(先生)が居るので見習って、、、」と紹介されていました。
特に若い道場生には、大田監督に何かを感じて、ある一定の期間でも構わないので、死に物狂いで稽古に没頭する時期を過ごしてみてはどうでしょう。
たとえ結果が出なくても、その後の人生の糧となるのは間違いありません。
この際に人から学んみることを実践して頂きたいと思います。
大田監督、今日は優勝おめでとうございます。
次の大きな目標であるドリーム初制覇に向けて、死力達成で稽古していきましょう!!

【小学2年男子上級】優勝:益野康平
【小学6年男子上級】3位:大崎弘聖
【中学3年男子軽量級】優勝:川田陸斗
【シニア45歳以上重量級】優勝:大田竜馬

井出さん、塩野さん、隼平、そして山鉄さんが応援に駆けつけてくれました。

1回戦優勢勝ち、2回戦で惜しくも敗退の林さん。
それでも手応えを感じた大会であったはずです。

初戦からガンガン飛ばしていきます。

決勝戦を前に緊張の時間です。




 

未分類

M親分オヤジクラス

今日は写真のみ掲載します。
明日は愛知県大会の応援に行って来ます。
選手の皆さんの健闘を祈ります!

 

Page 30 of 109« First...1020...2829303132...405060...Last »