中学生からの空手ライフ

日常

中学生からの空手ライフ

臨時スケジュールで稽古中です。スケジュールはこちら→ 臨時スケジュール


7月からは新時間表にて稽古内容も以前の様に戻していきますが、特に少年部はコマ数を減らさず時間を60分間にて集約し、合同稽古は75分間で行います。
本音は中学生から本格的に始めて欲しいので、小学生は稽古云々よりも週に決められた時間に稽古に行く、という習慣を身に付けて欲しいと思います。
小学生にどんなに熱を入れて稽古しても負担に感じてしまうでしょうから、今はとにかく習慣づけましょう。
さて、一般部中学生は時間ギリギリまで追い込んでみました。
基本稽古から回転移動稽古、平安裏の型、5本蹴り、組手24ラウンド、ダッシュに蛙飛び、ステップなど。
所謂、中学生は思春期にあたる時期なので、稽古に来てくれるだけで嬉しいですし、色々壁にぶつかる事もあるでしょうね。
うちの中学生も家では『思春期』しているでしょうが、道場では本来のまま、素の彼らを出してくれています。
学年違い、学校違い、男女違い、そんな道場で毎週稽古しています。
女子たちも元気で活発で、今は特に花香が、学校であったことなどを本当によく話をしてくれる様になりました。
表情が明るくて吹っ切れた感じ、道場での時間を堪能している様子が伺えます。
小さい頃から道場に在籍している中2になった聡も地道に稽古を続けてくれていて本当に嬉しく思っています。
道場では思春期はありません。(笑)
昔の空手道場が一般部のみで稽古していた様に、思考が整い、色んな意味で成長する中学生から空手ライフはスタートしていくものだと感じています。

城東道場少年1部
なんとミーちゃんが体験の女の子に技の指導を!
すっかりお姉ちゃんになりましたね。ありがとう!
ミーちゃんも最近はよくお喋りをしてくれます。


城東道場少年2部

城東道場一般部

城東道場オヤジクラス

『何気ない悠夏の日常』 撮影&コメントby笹部花香

上空には月も見えています。