『さよなら』は言いません

日常

『さよなら』は言いません

「えっと、、えっと、、えっと、、本当にありがとうございました、、、(涙)」
強輝のお別れの挨拶は、言葉になりませんでした。
活発で喜怒哀楽の激しい大和、マイペースでどこまでもクールな大ちゃん。
大和は強輝とともに最後は号泣してしまいました。
厳しい稽古を乗り越えてきた仲間同士は言葉でなく、心が通じ合うものです。
これが空手の素晴らしさです。
単に試合に勝つため、強くなるためだけではなく、暑い夏や寒い冬にわざわざやらなくても困らない厳しい稽古を行うのには深い意味があることを、今日、知ってもらえたのかと思います。
道場生の皆さん、少年部の保護者の皆さまにも、この機会に知って頂きたい事柄です。
大和のお別れの言葉が全てを語っていると思います。

大和「稽古で辛い時もしんどい時も、みんなのおかげで乗り切ることが出来ました。静岡に言ってもまた空手を頑張りたいと思います。」

大ちゃん「みんなのことは忘れません。みなさん、ありがとうございました。」

今まで2人に元気を貰い続けました。
今日で最後となると、本当の淋しさがこみ上げて感無量になりました。
今度会う時は成長した姿を見せてもらい、いつかまた必ず野上道場で稽古出来る事を願わずにいられません。
大和、大ちゃん、たくさんの素晴らしい思い出をありがとう!!


ジュニアクラス

今日も2人で5人組手を実施。

最後は仲良く思い出となる組手を。

挨拶も立派に出来る様になりました。

強輝、代表して挨拶するはずが、、、。

大和と強輝は目が真っ赤です。大ちゃん、クール!!

厳しい稽古をしてきた同士に言葉は要らない様です。

キッズクラス

楽しくやってます! これからもこの感じで!

オヤジ・一般クラス

選手稽古
今日は、人数少ない中、厳しい内容の稽古を、集中してやりきりました‼
鉄人❕山鉄さん。本日、やっと、目のレンズを入れる手術でした。
来週には、また元気に、稽古参加の予定です。
愛知県大会迄、あと、17日。来週も、ギリギリ迄、追い込みます。押忍。担当・大田