空手に真摯に取り組む人

日常

空手に真摯に取り組む人

時代が違い過ぎますが、自分が若い頃の道場生は血気盛んな人が多く集まって稽古していたように思います。
純粋に強くなりたいと思う若手が怪我を気にせずガンガンやる、今ではやり過ぎともいえる時代。
当時はフルコンタクト空手を選択するのに極真カラテしかないと、カラテをやるなら極真カラテ。
今の様に色んな流派はありません。
現在の極真カラテに縁あって入会し、道場で昔ながらの厳しい稽古を真摯に取り組む人もいます。
そんな1人、奈良支部から影浦さんが今日も頑張ってくれました。
同じ志を持つ林さんと試合を想定した組手を、1分30秒×1分30秒×1分と激しく行いました。
もちろん、基本稽古、移動稽古、ミットも取り組み姿勢が素晴らしいです。
道場では一生懸命稽古して欲しいですし、いい仲間として楽しくやってもらいたいです。
自分もエライ年(笑)になり、今までとは方向転換していく時期に入っていくと思うので、道場を本当に好きでいてくれる人と稽古するシフトを取っていきますし、楽しんでいきたいですね。
奈良支部が大好きで空手を続けている影浦さんも、更に道場をすべて楽しめる様に空手ライフを送ってください。
南大阪支部錬成大会、関西地区空手道錬成大会に出場の影浦さん、来週水曜日もお待ちしています!!

城東道場オヤジ・一般クラス

いい組手が出来ました。ありがとうございました。

居残り稽古の林さんは筋金入りですね!

都島道場選手稽古
本日の選手稽古は、人数が少なかったですが、その分試合モードで強度あっぷしました。前半は走り、心肺機能をいじめ、スパーの後は、BIGミットを2分×3s。2分×2s。1分30秒×3s。1分30秒×2s。
最後は、30秒ラッシュ×10s。を一気にやりきりました‼皆、最後は無心にミットを叩き続けました。押忍。
担当・大田

キッズクラス

ジュニアクラス