甲子園杯ジュニア新人空手道選手権大会

試合結果

甲子園杯ジュニア新人空手道選手権大会

本日は全員のご家族の皆さん、最後まで残って応援していただきありがとうございました。
自分の子供が早々に負けてしまうと最後まで会場に居るのは面白くないという方も当然おられるとは思います。
逆に、先に優勝して早々に家路を急ぐ方はそうはいません。
上手くいかない時こそ、行動をプラスに変えていく事が運を引き寄せる1つのコツです。
上手くいっている時は誰でも気分が良くなるものの、慢心に陥りやすいのも事実。
子供たちには、道場では楽しい、嬉しい、楽しくない、辛い、キツい、全てを受け入れながら成長して欲しいです。


いつも選手会大田監督に率先してアップをしてもらっています。
子供たちは大きなパワーをもらっていると思います。
ありがとうございます!

 

―今日の結果―
ブロンズルーキークラス
【年中】3位:大中比路
【年長】3位:今冨孝太朗
【1年男子】準優勝:古庄一星
【3年男子重量】3位:三浦大河
【6年女子】準優勝:髙村有寿 3位:小西梓
【中学女子】優勝:海野真緒

ゴールデンルーキークラス
【3年女子】準優勝:真柄卯乃

チャンピオンカップ予選クラス
【4年女子】優勝:森田佳蓮
【中学男子軽量】準優勝:真柄武之槇


今日は30名の選手とご家族のみなさん、大町選手、隼平、秀昭、壮達、弘聖が応援に来てくれました。
人数が多いほど面白く盛り上がります。これからも他人の応援が自然と出来る様にしていきたいです。
他人との繋がりが希薄になりがちな今、道場における人と人との絆を深めることが役目と思っています。
人のために戦う事、人のために応援し応援してもらう事、感謝することの心地良さを感じてもらえるように。
いい事も悪い事も全て受け入れ、すぐに流し、上手くいくコツを掴んで欲しいと思います。

時には諦めも必要なこの世の中。
しかし、勝負事は最後まで何が起こるか分からないので、簡単に諦めないでもらいたいです。
普段よく観察するのが、技ありを取られても、取り返そうとして残りの時間必死に戦っているか、です。
これがあればこの子供は稽古も持続することが出来るし、自然と強くなります。
ネバーギブアップ。昔ながらの諺は深い意味を持っていることがよく分かります。

大地、過去最高の試合!

今日は粘り強さが光りました、今後に期待です。

今日は大田監督にアドバイスされた新技が有効でした。


ウノ、中級クラスで大健闘の準優勝!(※オトちゃんは準優勝ではありません(笑))


ハナちゃんも選手になるかな? 只今必死に説得中。(笑)


あまり稽古しなくても(?)入賞しました!(笑)



『ボクもはやく試合しておばあちゃんにみて欲しいです』


隼平が来てくれて心強かったです!


大町親子来場。大町ケン様、応援&子供係、ありがとう。


『オレ、子守りに来たんやないのになぁ』(笑)



来週の魚本流大会に向けてリラックスモード全開の大和。(笑)


多分、あの男と思います。(笑)


大ちゃんの大応援団、盛り上がりました。


大ちゃん、以外とクールです。(笑)


幼年の子たちが将来を支えて行きます。
大きくなる頃にはどんな成長を見せているか、楽しみになってきます。

冬季審査会

昇級おめでとうございます!