休養も稽古の1つ

日常

休養も稽古の1つ

いよいよ大会が来週に迫りました。
選手の稽古は控えめに、その他の子はハードに。
それぞれの1日となりました。
明日はファミリークラスで稽古を!!

城東道場キッズクラス
土曜日のキッズクラスには、茶帯高学年が手伝いに来てくれるので、大いに助かります。
空手は心身を強くするだけでなく、奉仕の精神を育む場所でもあると思います。
人の手助けをすることで、少年部から大人になるこの時期、心の中に何かを感じてもらえれば幸いです。

近い将来は指導員として席を空けておきます。(笑)
今から先頭に立っている子から優先的に指導員になってもらいますよ。

指導員候補・強輝、本領発揮(笑)!!

ジュニアクラス
今日もたくさんの子たちが稽古しました。

走る事も毎回実施実施しています。
都島道場の迅(下写真左)は都島で稽古終了後、城東にやって来ました。
毎回、汗ダクダクになりながら懸命に走っています。

オヤジ・一般クラス
また、和歌山県大会翌日の稽古から鬼稽古が復活します。
和歌山県大会出場者は参加必須です。(笑)
強くなる1つのコツは、”ちょっと”です。
稽古後、居残り稽古をする、誰も来ないであろう試合翌日に稽古に来る、稽古時間(大会)に早めに到着して準備する、試合申込書は誰よりも早く提出する、、。
努力しないといけない様な、そんな難しい事は含まれていません。
必ず誰かが見て、自然と運も向いてきますから、信じてもらえる人は実践してみてください。