しばらく少年部の写真は掲載しません

日常

しばらく少年部の写真は掲載しません

10月から土曜日は4クラスを担当することになりましたが、初回の今日、心地良い疲れで終えました。
一般クラスは、事情で早めの帰宅を希望していた隼平に、居残り稽古も含めて鬼稽古の嵐を浴びてもらいました。(笑)
基本稽古後は10分間ランニング、30秒全力ダッシュ+サンドバッグ1分間を10セット、突き蹴りの打ち込み、の他、四股踏み、片足スクワット、腕立て、型、組手、最後の締めは隼平の苦手とする脛の強化。
一番キツイと言われる稽古を目指しています。(笑)

一方、都島道場キッズジュニアクラスではトラブルが発生し、保護者の方に大変なご迷惑をお掛けしましたが、嬉しいニュースもいただきました。
城東道場も緊張感を持続させる稽古に終始、道場全体が引き締まり、大変いい感じになっています。
今後、「稽古がしんどいから辞めたい。」という子供たちも出て来るとは思いますが、しんどい時こそ強くなっている、と思って稽古してもらいたいです。
道場は託児所でも児童いきいき放課後事業でもありません。
『空手』を選んで下さった保護者の方々が何を望まれているのかを常に考え、道場内では鬼になり切ろうと決めています。
また、稽古自体が締まってくると自然といい流れ、いい波動が寄せて来るのを感じます。
このいい流れをこの先も継続していけるよう、道場生および保護者の方々のご理解とご協力をお願いします。