頑張り+工夫

お知らせ

頑張り+工夫

15時50分に大阪市内で各警報が発令されましたが、早めに道場に着いていましたので、17時前には何人かの子供たちが道場に来ました。
中学生も少年部に参加してもらって一通りの稽古を行い、選手には強化稽古を行いました。
ここは「人数が少なくてもいつもよりキツい稽古」が基本スタンス。
タップリ体をいじめ抜いてもらいました。

冬場は豪雪でグラウンドが使えず、長靴で走り込み下半身を鍛え抜く全員が秋田県下中学出身の金足農野球部員。
レベルの低い府立高校で工夫したことで、自主性や自分で考えることが身に付き、強豪校では得られない達成感・充実感、野球を楽しみ、弱小校が1勝を挙げる喜びを知る。
工夫次第で道は開けるという野球評論家の田尾安志氏。
全日本チャンピオンになった後、支部を開設し、稽古相手がいない環境の中その後も前人未到の3連覇を達成された福島支部の三瓶師範。
『マイナスはプラスに換えられる、やり方次第で白帯も稽古相手になる、強い選手の所に出向いて組手をするのは生徒たちに失礼だと思っていた。』

道場開設当時からずっと何人かに「稽古相手がいない」とよく言われました。
今も流れはそんなに変化していないとも言えます。
工夫次第で何でもできる、そんな意気込みで全てに取り組んでいく事が大切だと思います。

今週日曜日は月1回開催のM親分稽古会となります。
中学生以上が参加可ですので、よろしくお願いします。
稽古後、美和ちゃん主催鍋会を予定していましたが、今回は稽古のみとします。
秋頃の稽古会か忘年会で、また美和ちゃんに活躍してもらいたいと思います!

M親分稽古会
日時:平成30年8月26日(日)
時間:13:00~14:30
場所:城東道場