顔を見れば分かります

日常

顔を見れば分かります

どんな習い事やスポーツをするにしても、いずれ壁に当たり倦怠感が訪れるものです。
その際にどう舵を切るかはそれぞれの事情により様々ですね。
今日、小さい頃に壁に当たり1度休会して再開した経緯がある旭希が「組手でよう泣いたけど、やめようとは思わんかった。」と言っていました。
逞しく成長してくれました!良い方に舵を切れたみたいです。
壁や倦怠感は誰にもある事だと思いますが、簡単に諦めない事が大事になってきます。
好きな事だけをやるというのは、一見、自由奔放でノビノビと人生を楽しんでいるかのように見えますが、個人的には『好きなことだけが出来ていたらその時点でもう終わりです』という考えです。
嫌いな事を楽しめるように変えていく過程や充実感は、好きな事だけをしていては得られないと思うからです。
好きなスマホやゲームで心は満たされているのでしょうか。
世の中、大人が子供に気を使い過ぎるが故に起こる障害は多々発生しています。
自分を怠けさせず、また頑張り過ぎず、過程を楽しむ工夫を自らで考えられるようになればいいと思います。


壁や倦怠感を乗り越えた旭希の表情は、どこかキリっとして逞しく見えます。

都島道場少年部合同
稽古終盤で雷が鳴り響き、泣き出してしまう子もいました。

城東道場少年部合同
翔亜(右上)が怖い顔をしていますね。(笑)
基本稽古から移動稽古、型、ミット、組手、ダッシュ&ジャンプとフルコース稽古です。

城東道場おやじ・一般部
暑いからと気を緩める様な稽古はしたくないです。
いつもと同じように進めてみました。
暑い中、皆さんありがとうございました!